夫婦関係

宿曜でみる夫婦関係と体への作用

宿曜とチャクラ

宿曜占星術では、生まれた日の「月の位置」をもとに6つの夫婦関係をみることができます。

こちらから夫婦の関係性をチェックできます

 

あゆみん
あゆみん
6つの関係性については下記の記事で説明しています
宿曜占星術の人間関係
宿曜占星術でみる6つの夫婦関係 東洋では珍しく、西洋占星術のようにホロスコープを使って人間関係の相性をみていきます。 この占星術は生まれた日の「月の位置」...

 

あゆみん
あゆみん
そして、その関係性はチャクラへ作用しているんです。チャクラって何?という方は下記の記事を読んでみてくださいね。
チャクラと生命
チャクラとは?秘教的(仏教で密教のこと)な視点からとらえた生命とは? エネルギー(聖なる生命)が目に見えるもの見えないものを含めて、宇宙のあらゆ...

 

宿曜でみる関係がチャクラに作用しているということは?

その関係性が良好である場合は対応チャクラが活性化し、良好でない場合は対応チャクラが不活性になるということです。

 

夫婦関係チャクラ

では、6つの関係ごとにみていきましょう。

 

命(めい)の関係

第7(頭頂)チャクラに影響を与えます。

つかさどる感情:平和・絶望

関係する体の器官:

「命」の関係は同じ本命宿をもつため、あなたにとって相手は自分の鏡のような存在です。

相手の長所・短所から目をそらすとエネルギーの低下につながります。

みて見ぬふりをしたり、相手がかわることを望むのではなく、「自分を知るための存在である」と意識してみてはいかがでしょうか。

相手を受け入れること=自分を受け入れること

自分への信頼につながります。

 

業胎(ぎょうたい)の関係

第6(額)・第5(喉)チャクラに影響を与えます。

胎の相手からは第6(額)チャクラを活性される

第6チャクラがつかさどる感情:明晰さ・困惑

関係する体の器官:目・下頭部・副鼻腔

あなたにとって「胎」の相手は、来世での自分の本命宿をもつ存在です。

胎の相手との会話で未来への展望を描けなくなると、エネルギーの低下につながります。

胎の相手をサポートし尽くすことで、未来の自分へ徳を積んでおくことになります。

だからといって、自分が消耗するほど尽くすのはエネルギーの低下につながります。

適切な距離感を保ち、広い視野で状況を把握・分析すること

自己責任能力につながります。

 

業の相手からは第5(喉)チャクラを活性される

第5チャクラがつかさどる感情:自由・失望

関係する体の臓器:肺・喉・腸

あなたにとって「業」の相手は、前世での自分の本命宿をもつ存在です。

コミュニケーションがスムーズでなくなると、エネルギーの低下につながります。

あなたは胎の相手からの献身的なサポートを受ける側になります。

胎の相手はあなたの未来を信じて助言してくれる大切な存在です。

自分を変える勇気をもちましょう。

本当の気持ちを隠したり、噓をついたりせず、素直に言葉にすること

自己表現力につながります。

 

安壊(あんかい)の関係

第4(胸の中心)チャクラに影響を与えます。(「壊」の相手からは第3,第5も影響を受ける)

つかさどる感情:喜び・苦痛・辛さ

関係する体の器官:心臓・前胸部

あなたにとって「安」の相手は、無条件に尽くしてくれるため、居心地が良く安定した関係であると感じます。

あなたにとって「壊」の相手は、自分を壊す人。無条件に与える側の役割を続け、関係を保とうとします。

この状態が続くと一方は安らぎ、一方はエネルギーを消耗してしまいバランスを取れなくなり関係が壊れる方向へと向かいます。

共依存にならないようお互いに自分を理解し自分を好きになることが大切です。

健全な境界線と共感力を育むことにつながります。

 

危成(きせい)の関係

第3(みぞおち)チャクラに影響を与えます。

つかさどる感情:怒り・罪悪感・無価値

関係する体の器官:肝臓・脾臓・胃・小腸

あなたにとって「危」の相手は、自分とは全く違う観念をもつため、相手の言動により危険を与えられるかのように不安を抱いてしまいます。

あなたにとって「成」の相手は、自分に足りないものを補い、成長させてくれる人と感じます。

もともと価値観が全く違うふたり、相手を通して自分の固定観念を知り、本来の自分に気づくきっかけになる存在です。

相手と比べて価値観を善悪で判断するのではなく「私という一人の個」を受け入れ認めることが大切です。

自信につながります。

 

友衰(ゆうすい)の関係

第2(丹田)チャクラに影響を与えます。

つかさどる感情:所有欲・分かち合い

関係する体の器官:子宮・大腸・前立腺・卵巣・精巣

あなたにとって「友」の相手は、なんでも話せて信頼できる友人のように感じています。

あなたにとって「衰」の相手は、どちらかというとあなたが聞き役になって癒してあげたいと感じています。

この関係は、お互いに好きなものや趣味が似ていることから、一緒にいると楽しく癒されると感じるでしょう。

ただ、二人の間に損得勘定が働いてしまうと、関係に綻びが生じます。

物や関係によって心の平安を保つのではなく、すでに持っている自分の強みや長所に目を向けることが大切です。子供の頃、心から楽しいと思えたことを思い出してみてください。

健全な人間関係を築くチカラにつながります。

 

栄親(えいしん)の関係

第1(尾骨)チャクラに影響を与えます。

つかさどる感情:恐れ・勇気

関係する体の器官:腎臓・膀胱・直腸・脊柱・股関節部

あなたにとって「栄」の相手は、あなた自身が自然体でいるだけで、肩の力を抜くことができ、方向を見失うことなく人生を良い方向へと導くことになります。

あなたにとって「親」の相手は、まるで両親のように親しみをもち最も安心できる存在。気取らず、本来の自分でいられる環境を与えてくれるため心が安定します。

この関係はとても相性が良く、恋愛・結婚・仕事すべてのシーンでプラスに働きます。

強烈に惹かれあうというよりも、一緒にいると何でも言い合える友人のような関係です。

お互いに心地よい環境ですが、どっぷり浸りきってしまうと向上心を低下させ自己成長も望めなくなります。新しいことにチャレンジしたり自然に触れるなどしてメリハリのある生活をおくることを忘れずに。

肉体と精神の調和につながります。

 

夫婦関係の土台
ABOUT ME
kotohogi
30代前半、夫が経営する会社が破綻し、それが原因で離婚。 30代後半、出会った男性がまたも会社経営。 私も経営に携わる中で、お金、病気、子供、夫婦関係とさまざまな葛藤を抱えながら歩んできた。 道半ばで出会ったメンターの言葉、九星気学、名前鑑定によって 自分を知る・相手を知ることにつながった。 300人超のモニター鑑定相談を経て、現在は月よみと名前のことだまを取り入れた九星気学のマンツーマンレッスンを行っている。